あきらの独り言

【2022年版】スポーツ観戦記|あの感動を忘れたくない!

こんにちは、スポーツなしでは生きられない・たかはし家のあきらです。

スポーツ観戦」は僕のライフワークの一つ!
暇さえあれば、何かしらのスポーツ中継を見ています。

そんな僕の2022年のスポーツ観戦記録をまとめています(日々更新)。

主なテーマは、大相撲メジャーリーグプロ野球甲子園

日々の感動を忘れてしまうのは、もったいない!
ということで、ほぼ自己満足で書き留めています。

もし、「そんな試合あったな!」「あのプレーは痺れた。。」など、一緒に懐かしんでいただけたら嬉しい限りです。

 

大相撲

初場所

初日

若元春×一山本
新入幕の若元春。落ち着いた前に出る相撲で、見事初日白星。昭和の名力士のような優しい力持ちな雰囲気で好感が持てる。肩の筋肉の盛り上がりや、インタビューでの落ち着きも見事。同じく新入幕の王鵬も初日白星。

阿炎×宝富士
阿炎は先場所の勢いそのままに、腰の重い宝富士を圧倒。番付が下がった際に頭をぶつける突きに自ら工夫して変えたそう。長身のため懐疑的な目もあったが、見事に自分のものにしている。

豊昇龍×千代翔馬
動きの多い序盤だったが、豊昇龍が捕まえる。豊昇龍が寄りにいくところで、千代翔馬が苦し紛れの投げに行くと、すかさず外掛して裏返しに。センスの良さが明らか!

玉鷲×明生
玉鷲の馬力は今場所も健在!

御嶽海×宇良
自己最高位の宇良は、超実力者の御嶽海との一番。何もできずに寄り切り。

貴景勝×若隆景
北の富士さん含め館内がどよめくほどの貴景勝の立ち合いの当たり。一気の押しに若隆景は土俵際でかわすのが精一杯。すかさず方向転換した貴景勝で押し飛ばされる。

照ノ富士×大栄翔
熱戦が多い好取組。今回も期待を裏切らない一番に。大栄翔が抜群の当たりで、照ノ富士の体を浮かせ続ける。途中、間合いが開くが、その後も大栄翔が当たる。終盤には大栄翔の両腕がのぞくが、土俵際で照ノ富士が押しつぶすような形で勝負あり。

2日目

碧山×若元春
若元春がよく前に出たが、最後は土俵際で押しつぶされてしまい初黒星。今場所の幕内初の協議となったが、伊勢ヶ濱審判長の説明は見事!一文が適度な文量。論理的な文章構成。聞き取りやすいスピード・滑舌。素晴らしい。

阿炎×千代翔馬
阿炎のとんでもない圧力!腕が伸びまくりで、脚もついていっている。爆発的な押し。「荒磯親方」改め「二所ノ関親方」の元稀勢の里も絶賛。
※前二所ノ関親方は定年再雇用で荒磯に。

玉鷲×大栄翔
両者良い当たりを見せたが、特に玉鷲の当たりが抜群!二手目以降も玉鷲の腕が伸び、大栄翔は堪らず土俵を割る。

正代×宇良
正代の出足に宇良はなす術なし。そして、後頭部からモロに土俵下に落ちる形。土俵に戻るが、フラつきを抑えられず、礼を止められ呼び出しの方を借りて土俵を降りた。大事に至らないか心配だ。。協会の対応はこれまでよりは早かったが、制してでも歩かせないでほしかった。

照ノ富士×若隆景
前の取り組みの宇良が不在のため、照ノ富士の付け人が片肌を出して力水を渡した。若隆景が良い立ち合いと、攻め手を休めず横綱を攻め込むが、最後は抱えられて投げられる。

3日目

大栄翔×正代
大栄翔の手が大きく早く回転し、電車道で勝負あり。正代なす術なし。

宇良×貴景勝
宇良まさかの出場。大丈夫なのか。。宇良が上手く回り込みながら貴景勝の出足を受け流し続け、拝むように前みつを取る。そのまま、土俵外に持って行こうとするが、土俵際で宇良の体がつぶれてしまう。ただ、同時に貴景勝の右足甲も返っており、同体で取り直し。取り直しの一番は、立ち合いで宇良が右に変わり、貴景勝は土俵端に突っ込んでしまい、宇良に後ろに引き倒され勝負あり。戻ってきて大関に勝つとは。素晴らしい。ただ、昨日のダメージが心配。インタビューは「ちょっと分からないですね、すみません」で終了。それくらい夢中だったんだろう。

照ノ富士×霧馬山
比較的長い相撲になることが多い取り組みだったが、今日は照ノ富士が立ち合い鋭く、両腕を挟み込んで一気に出て、最後は押しつぶすように土俵から出した。強すぎる。

4日目

阿炎×千代の国
今日も圧倒的出足から、両腕が伸びて突き出し。錣山親方も褒めるほどの快勝。ただ、土俵際は相手に腕を手繰られがちなので、上体ばかりでなく、腹を押せば簡単に出せるのにと指摘。

玉鷲×隠岐の海
年長対決は年上の玉鷲が勝利。隠岐の海の状態も悪いのだろうが、まさかの組んで、寄り切り。

照ノ富士×宇良
宇良が大善戦したが横綱が全勝を守った。立ち合い宇良が右を差し込み、肩透かしで主導権を掴みにいく。途中、土俵際まで持っていかれるが、うまく回り込み、双差しの体勢を作る。夢中でがぶり寄るが、そこは横綱。堪えて猛烈に押し返すと、最後はかわして飛んだ宇良が尻餅で勝負アリ。

5日目

千代丸×若元春
若元春が攻め続けるが、千代丸が土俵を丸く使って受け流し続けて価値を掴む。回り込みが巧みすぎる。

豊昇龍×翔猿
互いに足を払いにいく動きの多い取り組み。途中には翔猿の激しいビンタ。最後は翔猿が前に落ちて勝負あり。取り組み後、豊昇龍は相当むっとして、険しい表情で睨みつけていた。朝青龍を思い出させる。

阿炎×北勝富士
今日も阿炎が前に出る出る!最後は昨日師匠が助言していた腹をしっかり押して勝負あり。

玉鷲×正代
玉鷲が立ち合いの出足良く、その後も常に前に前に出て、正代を圧倒。37歳。すごい。

6日目

魁聖×武将山
初めて幕内で取った十両の武将山が左からあてがって、魁聖に背中を向かせるが、足が出ず付き手。その後、魁聖も尻餅をつくようにバランスを崩し、武将山の頭に座るようにすってんころりん。なかなか見ない形。

-あきらの独り言